フェザンレーヴ

  1. トップ
  2. フェザンレーヴとは
  3. 社長メッセージ

社長メッセージ

フランスでは、子供をベッドに寝かしつけるときに頭を撫でながら言う言葉が、“フェザンレーヴ(Fais un reve)“です。これは、「良い夢見てね」「明日も良いことありますように」という意味合いになります。この言葉を社名とする弊社は、社会、会社、個人の夢を実現させる事を目的に日々活動しております。

さて昨今、長期に及ぶ不適切会計や粉飾決算、データ偽装など、国内外の大企業による不祥事が次々と表面化しております。これらは、社内コンプライアンスの問題が原因で発生しています。

本来ならば時代とともに変わりゆくべき組織運営が、過去の手法に拘るあまり「過剰計画、過剰管理」という守りの姿勢を強めることになり、それが不祥事の大きな原因となっているように感じます。動かない会社を動く方向へ変える、これこそが会社存続のカギと言えます。

世の中が、我々の想像できないほどに猛スピードで進歩する現在において、経営計画に拘り過ぎることは、会社が機動的になれない一因であり、修正のできない大企業病に犯されていると言えます。だから私は、経営計画はどんどん変わっていくのが当然だと思っております。朝令暮改も大賛成。フェザンレーヴは「臨機応変・相手中心・現場中心」で戦う会社を目指します。

ところで、フェザンレーヴって何の会社?
—何でも取り組む会社だよ。
どんなことをやっているの?
—広告事業、インストアメディア事業、イベント事業、海外事業、等々。
どんな会社なの?
—とにかく面白い会社だよ!

フェザンレーヴはこの10期目を変革期と捉え、社内改革、新規事業構築、新規媒体開拓の3本を柱として飛躍する為の、準備元年と考えております。例えるならば、大ジャンプをする前の少ししゃがんだ状態です。これからのフェザンレーヴの10年にご期待いただければと思います。

株式会社フェザンレーヴ
代表取締役
浅野 透